キャットフードおすすめランキング123







ドッグフードを猫に与えてもいいの?


犬と猫 猫を飼っているお宅で
同時に犬も飼っているお宅も少なくありません。


猫と犬が共存していると、
そのご飯まで共存出来るのでは

考える人もいらっしゃるようです。



肉や魚といった共通の食べ物があるので、
キャットフードやドッグフードも
共有できるのではと考えているあなた!


それは大きな間違いです。

猫にドッグフードを与えてはいけません!




というのも、加工食品である
キャットフードやドッグフードは、
それぞれの動物の健康に
必要な栄養素を考えて作られています。


ですので、基本的には
ドッグフードとキャットフードは
別の食べ物だと認識しておきましょう






猫にはキャットフードを与えましょう!


キャットフード 猫の健康には「タウリン」という
必須アミノ酸が欠かせません。


キャットフードの中には、
このような猫に必要な栄養素が詰まっています




しかしながら、タウリンは
犬にとっては必ず必要なものでは無い成分。

ですので、ドッグフードには
タウリンは含まれていないことがほとんどなので。。



そのため、猫にドッグフードを
継続的に与えることによって
猫はタウリン欠乏症になってしまいます



タウリン欠乏症になると、
失明や拡張型心筋梗塞などの
重篤な病気を引き起こす可能性もあります。



ただし、こういった症状が心配されるのは
猫に継続的にドッグフードを与えた場合の話



少量のドッグフードであれば
そこまで心配する必要はありませんが
基本的にはキャットフードを与えるようにしましょう。





犬にキャットフードを与えるのも危険!


猫がドックフードを食べる事が駄目なように、
犬にもキャットフードの与えすぎは控えましょう


犬
というのも、犬が必要とする
プロテイン量に対して、

キャットフードのプロテイン含有量は
犬には多すぎるのです。


栄養に偏りが出ますし、
その他の病気になる可能性があるため、
注意が必要なのです。




このように、キャットフードやドッグフードは
猫や犬の特性を考えられて作られています。


ですので、大事な愛猫や愛犬の事を考え、
本当に必要なフードを与えるように
しましょう。




 >>愛猫に安全なキャットフード おすすめランキングをCheckする