6割の人がキャットフード切り替えは愛猫の健康のため|キャットフードを変えるきっかけ調査 | キャットフードおすすめランキング123~安全無添加の愛猫の餌選び方






6割の人がキャットフード切り替えは愛猫の健康のため|キャットフードを変えるきっかけ調査

愛猫が毎日食べるキャットフードですが、なんだか食いつきが悪いと感じたことがないでしょうか? しかし、これまでずっと与えてきたご飯を変えるのは、飼い主さんにとってもやや負担に感じるものです。他の飼い主さんは、どのようなきっかけでフードを別の商品へ変えることになったのでしょうか。今回は、キャットフードを変えるきっかけについて、全国の飼い主の皆さんにアンケート調査を行いました。大切な猫の健康のために、ぜひ参考にしてみてください。

 

Q.キャットフードを変えるきっかけになった出来事を教えてください。

1位:愛猫が高齢になったため・・・23%
2位:食いつきがわるくなったため・・・23%
3位:愛猫の健康を考えて・・・17%
4位:愛猫のダイエットのため・・・14%
5位:節約のため・・・9%
6位:愛猫が病気になってしまったため・・・7%
7位:その他・・・7%

 

1位 愛猫が高齢になったため

・13歳頃からおやつやキャットフードを残すようになったので、やわらかめで小分けタイプのものに変えました。(茨城県・45歳・男性)


・高齢になって今までのキャットフードをたべさせると下痢になったり、毛艶が悪くなったから、年齢に合ったものに変更しました。(三重県・36歳・女性)


・ずっと同じペットフードをあげていたがペットショップでおすすめされたので高齢猫用に変えたら調子が良い気がしているのでリピートしている。(福岡県・26歳・女性)

 

3位 愛猫の健康を考えて

・金銭的に余裕が無いので安価なキャットフードを購入していましたが、値段と質は比例すると思うので無理のない範囲で少し高価なものに変更しました。病気になったら困るので。(埼玉県・52歳・女性)


・始めは値段を重要視していましたが、これからも健康でいて欲しいので内容を考えるようになりました。(岩手県・38歳・女性)


・一つのフードばかり与えていると、そのフードに問題が発覚した際の健康リスクが大きいし、生産中止となった場合に他のフードを食べてくれないと困るので、色々なフードを与えてリスクヘッジするようにしている。(新潟県・27歳・男性)

 

4位 愛猫のダイエットのため

・欲しがるだけエサを上げていたら、獣医の先生から警告をされてしまい、先生の勧めるキャットフードに替えました。(北海道・22歳・女性)


・一時期体重が増えすぎてしまい健康が心配になったため、ダイエット用のフードに切り替えた。(北海道・31歳・女性)


・好きなものを好きなだけ食べさせ続けていたら太ってしまったので、お医者さんからもダイエットしなくちゃねと言われたこともあって、キャットフードを変えることにしました(埼玉県・27歳・男性)

 

6位 愛猫が病気になってしまったため

・毛玉ケアをする為に食物繊維が豊富なキャットフードに変えました。(東京都・37歳・女性)


・うちの子は猫の慢性腎不全にかかっていて点滴が欠かせないので、キャットフードもそれ用のものに変えています。(奈良県・40歳・男性)


・尿路結石になったため、治療の餌へ変えました。その後症状が落ち着いたので予防餌へ変えました。(山形県・30歳・男性)

 

一言コメント

大切な愛猫の健康を守るために、飼い主の皆さんはさまざまな理由からキャットフードを変えるに至ったようです。人間も年齢を重ねるにつれて食べ物の好みが変化しますし、体調によって食事の傾向を変えることがあります。それと同じように、毎日猫に与えるごはんを見直す機会があると、猫の健康もより良い状態を維持できるのではないでしょうか。特に、猫が高齢になったり、体調に異変があったり、肥満を解消する必要が出てきたりしたときは、キャットフードの見直しをしてあげましょう。

 

1/4の人が愛猫が食べないキャットフードは変えている

2位 食いつきがわるくなったため

・うちの子は飽きっぽいのか、わがままなのか、同じものをずっとは食べません。ですので、常時2~3種類のフードを用意しています。彼らも食べたくない時、とても食べたい時があるのだから、色んな味を楽しんでもらいたいと思います。(宮崎県・44歳・男性)


・毎日同じものを与えていると飽きが来るようで定期的に食いつきが悪くなるので、たまに違うものを与えています。(大阪府・49歳・女性)


・最初は喜んで食べていてもずっと続けているとあまり食べなくなることがある。そんな時に違うものを試してみようと思う。(長崎県・52歳・女性)

 

一言コメント

全体の4分の1にあたる23%の飼い主さんが、猫の食いつきが悪いときにキャットフードを変えるという選択をしています。中には、飼い猫が同じフードを食べ続けてくれないため、定期的に商品を変える方もいらっしゃるようです。別のご飯に変えることで、食いつきが改善されるといいですね。どうして猫がキャットフードを食べてくれないのか、しっかりと理由を見極めてあげましょう。

 

少数ながらお金の節約のためにキャットフードを切り替える人も!

5位 節約のため

・それまで購入していたものが実質値上がりしたので、試しに少し値段の低いものを購入したところ、問題なく食べてくれたからです。(和歌山県・52歳・女性)


・猫が成長するにつれ与えるキャットフードの量も増えたので、コストパフォーマンスを重視するようになりました。(群馬県・42歳・女性)


・一番初めは勝手が分らず、近所のスーパーでそれらしいものを選んでいましたが、ネットでいろいろと調べ他ユーザーのレビューや価格を比較し今のキャットフードに落ち着きました。(大阪府・28歳・男性)

 

一言コメント

今回のアンケートにおいては少数派ではありますが、節約のためにキャットフードを切り替えるという飼い主さんもいらっしゃいました。猫が毎日食べるごはんには、それなりにお金がかかります。特に、お子さんのいらっしゃるご家庭では、家計のために猫のごはんもなるべく節約したいという声がみられました。価格面を考慮しつつも、なるべく質の高いフードを選びたいですね。

 

まとめ

多くの飼い主さんが、過去に猫のキャットフードを変えた経験をお持ちのようです。その理由としては、猫が高齢になったこと、猫の体調が変化したこと、猫のダイエットなどさまざまなものがあります。猫が毎日食べるごはんは、体調に合わせて変えてあげたいですね。

 

その一方で、第2位では猫の食いつきが悪くなったことが、キャットフードを変える理由となっています。飽きっぽくて同じフードを食べてくれない猫もいれば、現在のフードを食べたがらない何らかの理由を抱えた猫もいます。もしも猫の食いつきが悪いと感じたら、今のキャットフードを見直す時期が来たのかもしれません。猫は自分で食べ物を選ぶことができませんから、飼い主さんがしっかりと猫の調子を観察して、ベストなごはんをチョイスしてあげましょう。