キャットフードおすすめランキング123







猫が発症しやすいアレルギー症状


猫も人間と同じように
アレルギー症状が出る場合があります。



例えば、猫のアレルギーには
食事が原因で起こる
食事過敏症
があげられます。
猫

このアレルギーは、
猫の年齢や、血統、性別に関係なく起こり、
症状としては、顔や首に皮膚炎の症状
が出ます。



また、脱毛等の皮膚炎も多く、
皮膚がむけて潰瘍が出来てしまう
アレルギー症状もあります。



猫の場合、アレルギーとなった
食べ物の原因を見つけるのはかなり困難です。



ですので、アレルギーが出やすい猫の場合は
低アレルギー性のキャットフードに代えたり、
まったく別の食事に代えるなどの工夫が必要
です。




ノミ取りの首輪などでアレルギーになることも


他のアレルギー症状としては、
ノミ取り首輪の薬品や、その素材が原因
猫の首輪
皮膚炎が起こってしまう接触性皮膚炎があります。



首輪の周りが輪状に脱毛し、
炎症を起こして水膨れになってしまう場合もあります。



猫の体質にあう薬や、首輪を探してあげましょう。



猫のアトピーや皮膚炎も深刻なアレルギー症状


また、吸引性のアレルギーとして
アトピーも深刻な症状の一つです。


黒猫 かゆみが出るため、
爪でひっかいたり、
舌でなめることで
皮膚に傷が出来て悪化していきます。



ただし、個体差はあるものの、
アトピーはある程度までくると
アレルギー症状が治まる事もあります。



そして、猫にノミがくっつき、
ノミの唾液に過敏に反応することによって現れる
猫ノミ・アレルギー性皮膚炎というアレルギーもあります。



ノミのアレルギーは、一度起こると
その後も、色々なアレルギー症状が出てくる事が
あります。



ノミ取り用の道具が原因で
アレルギーが起こる事もあれば、

ノミが原因でアレルギーが出る場合もあるため、
注意が必要です。



こういったアレルギー症状は、
アナフィラキシーショックを
引き起こす可能性も十分に考えられます。



ですので、猫のアレルギー症状に気づいた時は、
早めに動物病院に連れて行くように
しましょう。




 >>愛猫に安全なキャットフード おすすめランキングをCheckする