キャットフードおすすめランキング123






健康な猫の「うんち」の状態

猫

猫の健康状態は普段の仕草や外見だけでなく、うんちの状態でも確認する事が出来ます。
排泄は愛猫の健康を測るバロメーターともいえます。

  • うんちの硬さ
  • 回数

これらを見ることで愛猫の健康状態の何かしらの情報を得る事が出来るのです。

健康な猫のうんちの「硬さ」は?

まず硬さですが、硬すぎず柔らかすぎず、ティッシュ等に包んだ時に崩れない程度の硬さであればそのうんちは「いい状態」であると言えます。
体調不良を起こしていたり、便秘気味になったりすると、下痢便だったりすごく硬いうんちになるので注意しましょう。

健康な猫のうんちの「色」は?

キャットフード

色に関しては、茶色やこげ茶色のうんちであれば猫は良い状態であると言えます。
普段から愛猫のうんちを観察しておいて、いつもと同じような色であれば健康な状態と判断できます。
しかし血が混じっていて赤色だったり、白い粘液が混じっている等の異常があった場合は、何かある前にすぐに動物病院に連れて行きましょう。

健康な猫のうんちの「臭い」は?

うんちの臭いも猫の健康を把握するうえでとても重要です。
うんちの臭いが、普段からどんな臭いがするのかを確認しておきましょう。
もし、いつもと違ううんちの臭いがする場合、注意が必要です。

うんちの回数や量 便秘や下痢も要チェック!

ネコ

回数は一日に1~2回程度排便をしていれば良い状態です。
猫は便秘になりやすい動物であり、肥満であったり、高齢になってくると便秘の回数も多くなっていきます。
あまりにも長く便秘が続く場合は、病気になってしまっている可能性もあるので、注意が必要です。
量に関しては、一回のうんちの量は食べた量に比例した量であれば良い状態です。
極端に多かったり少なかったりする場合は、消化不良と同時に病気の可能性もあります。
そういったうんちの状態が長く続く場合は動物病院で診察を受けましょう。

愛猫の「うんち」は健康のバロメーターです

うんちの変化は体調や病気だけでなく、普段と違った食事環境でも変化します。
ですので、何を食べたのか、いつ食べたのか等、愛猫の食べたものも出来るだけ管理するようにしましょう。
食事環境と合わせて、うんちの状態を管理してあげれば、愛猫に何かあった時、すぐに気づけるようになります。



 >>愛猫に安全なキャットフード おすすめランキングをCheckする