キャットフードおすすめランキング123







キャットフードの正しい保存方法

キャットフード
人間が食べる食品と同じように、
キャットフードにも
消費期限
があります。


キャットフードのメーカーによって、
消費期限が設定される場合は、
義務として原則3年を
超えない事が義務付けられています




キャットフードも食べ物です。
愛猫の健康を管理するためにも、
ただしい保存環境を整えましょう。




ドライタイプのキャットフードの保存方法


キャットフードの保存方法ですが、
タイプによってそれぞれ
保存方法に違いがあります。


えがおの猫
まずドライフードですが、
開封したあとは、
まわりの乾燥具合によって湿気ったり、
カビが生えたりといった原因になります。


その為、開封後は必ず密封して
出来るだけ空気を抜いて保管
しましょう。



中には密封不可能な袋に入っている
キャットフードもあるので、
そういった場合は
密封可能な容器に移し替え保管します。


また、キャットフードの保存場所は
高温多湿や直射日光を避けるように
保存しましょう。




ウェットタイプのキャットフードの保存方法


次にウェットタイプのキャットフードですが、
これはレトルト袋や缶詰に
入っている場合がほとんどです。

缶詰のキャットフード
これらは、基本的には
一般的な缶詰などの
保管方法で良い
とされています。



ただし、開封後は
密封できる容器に移し替えて、
冷蔵か冷凍による保存
をしましょう。


開封した直後から痛み始めます、
ですので迅速に移しかえて
保存するようにしましょう。



また、冷凍保存したからといって
長期間保管できるわけでは
ありませんので注意が必要です。




一番いいのは、新鮮なキャットフードを与えること!


このようにキャットフードのタイプによって
保存方法は多少違いがありますが、
共通して言えることもあります。


それは、保管状態をしっかりすることで
長期間の保存が可能になりますが、

一番良いのは食べきれるだけの
量を買い足していくこと
です。



キャットフードは猫の体の中に入るもの。
ですので、人間の食事と同じように
出来るだけ新鮮な物が望ましいです。




 >>愛猫に安全なキャットフード おすすめランキングをCheckする