キャットフードおすすめランキング123







キャットフードの種類 ドライフードとウェットフードの違いとは

キャットフード



キャットフードも色々な種類があり、



含まれる水分量によって

ドライタイプ、

ウェットタイプに分類されます。








ドライタイプのキャットフードの特徴



ドライタイプのキャットフードは、

水分含有量が

10%以下のキャットフードです。





元気な猫


乾燥されていて、開封後にしっかりと

密閉管理をすることで

長期保存が出来る上、

値段も安い物が多い
です。







そしてドライタイプのキャットフードは

カリカリとした食感で硬めである為、

しっかりと噛まないと食べることが出来ません。





その結果、愛猫のアゴを鍛え、

歯石の除去をする事が出来るのが特徴
です。







ただし、ドライタイプのキャットフードは

ウェットフードに比べて、

水分がほとんど含有されていませんので、



猫にエサを与えるときには

十分に水分を与えてあげる必要があります。








ウェットタイプのキャットフードの特徴



ウェットタイプのキャットフードは、

水分含有量が75%以上の物です。





肉や魚の素材の臭いや味が強く出ている物で、

猫にとっての満足度が

非常に高いタイプのキャットフード
です。





また、水分を十分に含んでいますし、

嗜好性も高いので、

食欲が落ちている時にはよいでしょう。







また、ウェットフードのキャットフードは

ドライフードよりも

猫の食いつきや満足度は高いのですが、

歯石や口臭の原因になりやすい
点は注意が必要です。







また、値段の高いものが多くて、

開封後は冷凍保存が必要となります。





猫


猫はグルメというわけではないですが、

毎日同じキャットフードを食べていると

食事に飽きてしまう事もあります。





ですので、普段と違うキャットフードを

混ぜてあげる工夫
などによって

美味しく食べてもらえるようになります。







愛猫の年齢や体調に合わせて、

もっとも適したキャットフードを

選択してあげましょう。









 >>愛猫に安全なキャットフード おすすめランキングをCheckする