キャットフードおすすめランキング123







子猫、シニア猫、肥満猫にはどんなキャットフードがおすすめ?


人間の子供と大人が食べる量や
必要とする栄養素の量は違うように、

猫も年齢や体格によって
必要とする栄養素に違いが
あります。




子猫に必要な栄養とおすすめのキャットフード


猫 子猫は、生後1年で成猫に成長するため、
成猫よりも多くの栄養を必要とします。


子猫である間に、栄養不足に陥ると、
骨格や筋肉の成長が阻害される
可能性があるため注意が必要になります。



ですから、子猫用と記載のあるキャットフードは
一般のキャットフードよりも
栄養量が多くはいっています。


特に、猫にもっとも必要な栄養素である
タンパク質が多めに設計
されています。



保存料などの添加物や、
副産物、肉骨粉といった
危険な原材料が入っていないキャットフードを

選びましょう。




シニア猫に必要な栄養とおすすめのキャットフード


シニア猫は、基礎代謝も低くなってくるため、
必要な栄養量が成猫よりも少なくなります。


その為、シニア猫用のキャットフードは
低脂肪のものや、低カロリーのもの
になります。



また猫の状態に合わせ、
内臓疾患や間接疾患用など
様々な栄養素が含まれるキャットフードもあります。



シニア用キャットフードでは、
シニア猫に必要な栄養素が入っていますので、

高齢になってきたら
シニア用キャットフードを選択
しましょう。




肥満猫に必要な栄養とおすすめのキャットフード


ネコ そして、猫も人間と同じように
カロリーオーバーによって
肥満になる事があります。


肥満になると、心臓や肝臓など
内臓疾患になりやすくなります。



そういった肥満猫の為に、
カロリーや低脂肪の
肥満用キャットフードも販売されて
います。


また、満腹感を出すための
工夫がされている商品もあります。



そういったニーズに合わせて、
年齢や体格によって
様々なラインナップが用意されています。


キャットフードを選ぶ際は
愛猫に適したキャットフードを選択しましょう。




 >>愛猫に安全なキャットフード おすすめランキングをCheckする