キャットフードおすすめランキング123







危険なキャットフードの見分け方 注意するべきキャットフードの原材料


猫 ペットショップやスーパーなど、
今は色々なところで
キャットフードを購入できるようになっています。



しかし、そのキャットフードには
危険な物も存在するのです。


というのも、キャットフードには
人間の食品には使用出来ないような
原材料が多く含まれるもの
があります。



そういった原材料を使用した
キャットフードを食べることで、

下痢や嘔吐などの他に
重大な病気を発症する可能性も
あります。



それを見分けるためには、
まずはキャットフードのパッケージ裏にある
原材料の表をチェックしてみましょう。



ここでは、肉類、穀物類、野菜類、ビタミン類、添加物といった
表記がされていますが、

特に肉類と添加物をしっかりと確認しましょう。




「肉類」が副産物、ミール、パウダー、粉は絶対与えてはダメ!


キャットフードの成分 まず肉類なのですが、ここに

副産物、ミール、パウダー、
粉と 表記されている
キャットフードは

絶対に選ばないように
しましょう。



というのも、副産物やミール、
パウダー、粉等の肉骨粉というのは、

人間が食べることが出来ない肉を
溶かして混ぜたりして出来上がるもの
だから。


薬殺処分や病気などによって死亡した家畜や、
骨、爪や羽といった
体に取り入れるのは望ましくない原材料なのです。




塩や香料、その他の添加物も危険!


肉類のチェックが終わったら、
今度は添加物にも注意しましょう


キャットフード
この添加物は色々な種類があり、
香料や塩だったり、
保存料、着色料、酸化防止剤など様々
です。



香料や塩といった物は、
基本的にキャットフードには必要ありません



しっかりと作られたキャットフードであるなら、
塩や香料を添加しなくても
それだけで猫にとって十分な物であるからです。


わざわざ食いつきを良くする成分が
入っているということは、

素材だけでは猫が食いついてくれない
キャットフードであるという事。


そこまでしなければ駄目な
キャットフードをわざわざ
愛猫のために選択する必要はありません。



また、保存料や着色料、酸化防止剤なども同様です。


たしかにこれらの添加物が使用されている
キャットフードは、安価で長持ち
します。



家計に優しいですし、
ついつい選んでしまいがちですが、

そういった添加物を取り入れる
愛猫にとってはどうでしょうか。



保存料や酸化防止剤は
猫であっても毒
です。


愛猫にとって良いフードだとは言えませんね。

キャットフード

最近では、ペットの健康志向も高まり
このような原材料を使用していない
無添加のキャットフードも存在します



少々価格は高いかもしれませんが、
愛猫にとって本当に良い物を選ぶことが
猫にとっても飼い主にとっても
一番いいことではないでしょうか。




 >>愛猫に安全なキャットフード おすすめランキングをCheckする