キャットフードおすすめランキング123







猫に必要な成分 愛猫の健康を守るために与えたい成分は

缶詰のキャットフード
猫に必要な栄養は、

炭水化物、脂質、タンパク質、
ビタミン、ミネラル、水


人間と同じ6大栄養素から構成されています。




猫にとって重要な栄養素はタンパク質


この栄養素の中でも、
肉食の猫にとって、
もっとも重要な栄養素はタンパク質になります。

猫
猫にとって必要なタンパク質の量は、
1kgあたり6.5から7g。


人間に必要なタンパク質量は
体重1kgあたり1.2gとされていますので、

猫は実に、人間の5倍もの
タンパク質を必要
とします。



これらのタンパク質は、
猫の体内で22種類のアミノ酸に分解されます。


猫は食事によって
体内に摂取しなければならない
アミノ酸の存在があります。



これらのアミノ酸は
猫の体内で合成することが出来ません。


ですので、キャットフードなどから
必要となる必須アミノ酸と、
準必須アミノ酸の摂取が必要
になります。



【猫に必要な必須アミノ酸】


必須アミノ酸 必須アミノ酸を多く含む食品
バリン 魚や肉、ゴマなど
ロイシン 牛乳やヨーグルト、ノリ、大豆など
メチオニン ほうれん草やトウモロコシ、牛肉など
ヒスチジン マグロなど
トリプトファン 肉や豆乳、乳製品など
アルギニン 海老や、大豆など
タウリン カキなどの貝類や、たこ・いかなど
イソロイシン 鶏肉やサケ、プロセスチーズ、牛乳など
フェニルアラニン 肉や魚、乳製品など



こういったアミノ酸は、
いわゆる簡単なのネコマンマなどでは
到底摂取出来る物ではありません。



キャットフード ですので、栄養管理をしっかりと考えた
手作りご飯か、キャットフードで
摂取する必要があります。



特に、キャットフードは、
ネコの栄養バランスを考えて
作られている物が多いのでおススメ
です。



ただし、危険なキャットフードも
世の中には存在する
ので、

原材料をしっかりと
確認して選択しましょう。


  >>猫に安全なキャットフードの選び方はこちら